So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

アンナプルナ南壁 7,400mの男たち [Movie]

アンナプルナ南壁:サブ2.jpgアンナプルナ南壁:メイン.jpg
 
先日試写に行ってきました。
生きることの素晴らしさを感じられる映画です。 
感想をAmp.に書きましたのでご覧ください!
 
『アンナプルナ南壁 7,400mの男たち』
2014年9月27日よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開
配給:ドマ 配給協力:スターサンズ  宣伝:メゾン
公式HP:www.7400-movie.com 公式FB
(C)2012 Arena Comunicacion SL. 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今回は、LINE乗っ取り体験… [自分の記事まとめ]

こんにちは、なんだかばたばたしており久しぶりの更新となりました。
この間マレーシアに行き、新興国のエネルギーとバブルを目撃してきました。

また、今年も秋くらいに行われる日本文化の伝承が始まったり、
ある大学で商品企画のコースに通ったりとアグレッシュブな日々です。

先日誕生したWebメディア 偏りから生まれる新ジャーナルメディア「Amp.」に
何本か記事を投稿しましたのでご紹介します。http://a-mp.jp

【増税もなんのその】100万円もするカメラが2か月待ち!http://a-mp.jp/article.php?id=693
【実録】LINEアカウントが乗っ取られたら… http://a-mp.jp/article.php?id=940
 実は先週の水曜日LINEのアカウントが乗っ取られて大変な目に遭いました…
パスワード管理は非常に重要です。皆さん気をつけましょう!

 仕事関係の人もちょっと前にやられて、その人は何人か被害者がでて警察に行ったようでした。
ちゃんと使うと恐れることはないので、楽しいITライフを送りましょう。



Amp.記事まとめ 今回はトムクルーズ降臨がホット! [自分の記事まとめ]

先日、新しいWebメディア 偏りから生まれる新ジャーナルメディア「Amp.」にて
キュレーター(Nolita)として情報発信する事になったことをお知らせしましたが、
何本か記事を上げたので、ご紹介します。

結構前に書いたのですが、下書きになってしまっていたので、遅ればせながら紹介します。P6260503.jpg

・【まもなく公開】トム・クルーズ降臨!日本原作の作品が登場

・【増税もなんのその】100万円もするカメラが2か月待ち!



東京での旅〜発展途上国の面白さ〜 [Diary]

この週末、東京で旅をしました。
昨日はガーナ、今日はバングラディッシュ。

こう書くとよくわからないと思うのですが、
昨日は江戸川橋の酢飯屋さんで行われた
ガーナのカカオ豆を使って一からチョコを作ることと、ガーナに関して教えていただきました。
P6280514.jpg
これがカカオ豆です。
皮をむいていきます。

P6280532.jpg
こうやってフードプロセッサーで作ります。




P6280534.jpg
事前に作ってくださったパプアとグラナダのチョコを食べ比べ。
今度詳細に書きます。

そして、今日はLUNCH-TRIPにおじゃましてバングラデシュに関して学びました。
マザーハウスさんの副社長山崎さんのお話から現地の状況等を伺い、
さらに現地の工場長モインさんとのスカイプを通じたお話も面白かった。
20140629_112715.jpg

いずれも現地で仕事を作って、ちゃんと現地に貢献している。
それぞれエネルギッシュで面白い方だった。発展途上国のエネルギーを感じた日。
お二人ともSFC出身のようで、面白い人にあうとSFC出身の方が多い気がします。

この一年いろんな人にあったけど、面白い人っていっぱいいるなと。
新しい人に会うと刺激をもらって面白い。

そんな中で最近つくづく思うのは、あるプロブロガーが
サラリーマンはつまらないと書いていた事があったけど、
それはその人がつまらないサラリーマンにしかあっていないだけだと思う。
なにか打ち込んでいるものがある人はやっぱり話していて楽しい。
時間が経つのもあっという間です。

確かに面白くない人が結構な割合でいることは事実だと思いますが、
面白い人もいるので断定するのはどうかと。

ものごとは表裏一体でその人自身が面白くない人だから
そういう人にしか出会えていないんじゃないかと思ったりした週末でした。

禁断ともいわれるが心の琴線にふれる「アデル、ブルーは熱い色」 [Movie]

adele.jpg
原題:La vie d'Adèle - Chapitres 1 et 2
英題:Blue Is the Warmest Colour
2013 仏
監督:アブデラティフ・ケシシュ
出演:アデル・エグザルコプロス、レア・セドゥー他
配給:コムストック・グループ 2014.4.5日本公開 179分

昨年のカンヌパルムドール受賞作品。
公開前から描写の凄さから話題になっていた。

ほぼ3時間もの長編であるが、その長さが気にならないほど本当によく登場人物の心を表現している。
なんと合計800時間くらい回していたようで、出演者達はかなり撮影が大変だったよう。
その甲斐あって監督のみならずエマ役のレア・セドゥーとアデル役のアデル・エグザルコプロスに対してもパルムドールが授与。
カンヌ史上初めて俳優がパルムドールを獲得している。

女性同士の激しいラブシーンがずっと続くが私自身はなぜかいやらしさを感じなかった。
賛否両論あると思うが、人を純粋に愛するという点においては性別は関係ないのではないかと。
ただ、この映画はおそらく子供には理解できない内容だと思われる。
精神的に大人でないと内容を理解するには難しいと感じた。

若気の至りが物語を進めていくのだが、同じ体験でないにしろ若気の至りで大事なものを失い辛い思いをすることは多くの人が経験しているのではないだろうか。
本当にこのシーンは辛く、共感し、涙が出てきた。

そんなほろ苦い青春の1ページを巧みな心理描写で描いている。
何気ない日常のシーンからも、感情が伝わってくるのだ。
人生とは失ってから大事なことに気が付き、傷ついたりするものだ…

余談だが、昨年の東京国際映画祭で上映されていたが、その時のインタビューで日本映画が好きで小津安二郎監督の大ファンと言っていたようだ。


好き嫌いが別れる映画だと思うが、心理描写の巧みさと音楽の組み合わせをぜひ映画館で見てほしいなと思う。

今回の自分の評価:★★★★☆


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

新たなメディア「Amp.」でキュレーターをはじめました [自分の記事まとめ]

皆さんすっかりご無沙汰してしまい申し訳ありません。
ばたばたしていて、しばらくぶりの更新になってしまいました。

この度、新しいWebメディア 偏りから生まれる新ジャーナルメディア「Amp.」にて
キュレーター(Nolita)として情報発信する事になりました。

ブログはより深く、Amp.では概要がわかるようにして行こうと思っています。
みなさんよろしくお願いいたします。

これまで書いた記事としては、
・【新作映画子供は見ちゃだめ!さすが巧妙の技
 これは、映画サード・パーソンの感想

・【今週公開】あなたはどっち? 賛否両論な映画がいよいよ公開!
 これは、映画300の感想

世界遺産に登録されるであろう富岡製糸場ってどんなとこ?

・【おしゃれ女子必見】素敵なスニーカーブラジルから降臨!

これからもどんどん情報発信していきます!
よろしくお願いします

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ネクスト・ゴール! 世界最弱のサッカー代表チーム0対31からの挑戦 [Movie]

nextgoal.pngnestgoal2.jpgnext-goal-wins-poster.jpg
原題:Next Goal Wines
英 98分
監督:マイク・ブレッド、ステーブ・ジェイミソン
出演:トーマス・ロンゲン、ニッキ―・サラプ、ジャイヤ・サエルア、ラミン・オット
音楽:ロジャー・ゴウラ
配給:アスミック・エース 2014年5月17日公開

先日試写にて鑑賞
私はサッカーが好きなのだが、サッカー好きにはたまらない話
ドキュメンタリーなのでリアルなサモアのサッカー選手たちが登場している

この作品の監督二人はナイキアディダスなどのCMを撮影の際、
ルーニー、イニエスタ、ロッベンと一緒に仕事をしており、
お互いにサッカーには並々ならぬ情熱を持つ

サモアは武蔵丸の生まれ故郷でアメリカ領だが、ポリネシアに浮かぶ島国

原題の「ネクスト・ゴール・ウインズ」とは学生が休み時間やランチタイムに
サッカーを楽しんでいるときに次の授業の始業ベルが鳴った瞬間に声が上がり、
それまでのスコアとは関係なく次のゴールしたチームが勝利することに由来するのだとか

この作品はそのタイトルに表されているような試合を繰り広げるのだが、
選手たちは本当に技術はないがサッカーが好きで一生懸命やっている
今年はワールドカップイヤーなのだが、このがむしゃらさがあったら
今の日本チームはある程度上位に行けるのではないかと思う

最近の全日本の試合には貪欲さや懸命さがなんだか感じられず、面白味にかける
なんだかわくわくしないのだ・・・
もちろん選手たちは懸命に取り組んでいるのだろうが、にじみ出てくる
ものがあまり感じられない・・・

一生懸命何かを成し遂げることや好きなものがあることの幸せを感じられる作品
サッカーをやる環境としては恵まれていないが、生きるということにおいては
彼らは本当に勝ち組で、本当に幸せな人生を送っている

印象的な選手としてサモアの第三の性(ファファファイン)に属し、女性の心を持つ
ジャイヤ・サエルア
この人は、いろんな人の励みになっている存在だ

マオリ族の民族舞踊「ハカ」がさまざまなシーンで見られるのも見所の一つ


予告がサッカーならこの人という方がナレーション!

すがすがしさと感動が味わえる一本!
劇場でぜひ。
東京大阪は5/17~5/30の二週間限定公開

自分の評価:★★★★☆


 
 
 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

LIFE! [Movie]

mitty.png

原題:The Secret Life of Walter Mitty
米 2013/12  114分 
監督:ベン・スティラー
出演:ベン・スティラー、ショーン・ペン、シャーリー・マクレーン
配給:FOX  2014.3.19 日本公開

あわただしく日が過ぎてしまい、久しぶりの更新
実はまだいろいろあるのですが、とりあえずこれから書きます。

予告を見てよさそうなので気になっていた映画
「虹を掴む男」(The Secret Life of Walter Mitty)のリメイク

SECRET LIFE OF WALTER MITTY (1947)

SECRET LIFE OF WALTER MITTY (1947)

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2012/12/25
  • メディア: DVD


  • ちょっと前に見てきた映画は事実に基づく話が多かったこともあり
    今回は安心してみていられる映画であった

    2007年に廃刊した「LIFE」が舞台
    つまらない日々を過ごしていた主人公がさまざまな冒険を通じて
    自分の人生を振り返っていく

    温かい母と妹
    主人公の妄想などところどころ笑えるところもある

    ショーン・ペンもいいところで出てくるね!
    人生や仕事に悩んでいる人にもいいと思う

    人生は自分が思うほどつまらないものではない
    必ずその人の役割があるものだ

    私はこれまで様々な転職をしてきたりしたが、その時やっていることが後に役立つことも多い
    人生の方向性を間違っていなければ、意味がないことなんてないと思う
    そんなことを思った映画だった。

後半は涙なしでは見られなかった
いい映画だ、旅行に行きたくなった
ぜひ映画館で見てほしい

自分の評価:★★★★☆


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

流れる [Movie]

流れる [DVD]

流れる [DVD]

監督:成瀬己喜男
出演:田中絹代、山田五十鈴、高峰秀子など
日本 1956年 116分
配給:東宝

お世話になっている方からお薦めされた映画
昔一度見た気もしたが、また違った見方もできると思いレンタル。


何といっても出演者が豪華。

山田五十鈴は明治末期に一世を風靡した新派の女形の父と
曾根崎新地の人気芸者を母に持ち、母はゆくゆく芸者にしようと考え
6歳から清元、長唄、舞踊、常磐津などをお稽古していたようだ。
決して暮らしは楽ではなかったが、13歳で清元の名取となっている。
2000年には女優として初の文化勲章を受章している。

さすが、芸を極めているだけに実に美しい三味線の弾き方だ。

田中絹代さんの話し方も上品で何ともいえぬ雰囲気を醸し出している。

せかせかした現代社会が、これを見ると非常に癒される。
この当時の風俗もよくわかり、着物や帯が非常に粋な着方をしていて、
着付けの参考にもなった。

きちんと俳優としてご飯を食べられた時代。
この時代は本当にいい作品が多い。

評価:★★★★☆


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

あなたを抱きしめる日まで [gourmet]

poster2.jpgPhilomena.jpg

原題:Philomena
英、米、仏 2013 94分
監督:スティーブン・フリアーズ
出演:ジュディ・リンチ、スティーヴ・クーガン、メア・ウイニンガム
配給:ファントムフィルム
日本公開 2013/3/15

家族ものに弱いのだが、いい映画だった。
ジュディ・リンチの演技がものすごくいい。
昨日あった友達とも話していたが、これは英の映画だからちゃんと表現できていて
米の映画だったらこういう描き方は出来なかっただろう。

邦題が残念だな、カトリックで崇敬されている聖女「フィロメナ」を意図して
主人公のフィロミーナさんとかけているんだと思う。この映画にはカトリックの思想に
反対しているところもあるのだが、その意図は全く反映されていない。

原作は、↓で実話に基づく話。

The Lost Child of Philomena Lee: A Mother, Her Son, and a Fifty-Year Search

The Lost Child of Philomena Lee: A Mother, Her Son, and a Fifty-Year Search

  • 作者: Martin Sixsmith
  • 出版社/メーカー: Pan Books
  • 発売日: 2010/05/21
  • メディア: ペーパーバック






あなたを抱きしめる日まで (集英社文庫)

あなたを抱きしめる日まで (集英社文庫)

  • 作者: マーティン・シックススミス
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/01/17
  • メディア: 文庫

今年のアカデミーで賞を取った作品はほぼ実話に基づく話。
この作品もそうだが、実在したマグダレ洗濯所を描いている。
2002年に製作された「マグダレンの祈り」でも過酷な日々が描かれていたので
記憶に残っている人も多いと思う。

この映画は、悲しい一面もある反面、くすっと笑えるところもある。
ただ、本当に許しがたいシーンもいろいろと出てきて、涙がともらなかった。

最後のクライマックスのシーンでのジャーナリストの台詞で、
Well, I could'nt give you.が印象に残った。
まさに自分もその気持ち。

ネタバレになるが、以下URLには実際のフィロミーナさんとアンソニー
当時やその後の写真が掲載されている。
この写真を見ても思い出して泣けてきた。(英文)
article-2495391-194E4C1C00000578-801_634x561.jpg


ここにも目を背けてはいけない現実がある。
悲しいけど、いい映画だった。

自分の評価:★★★★★

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。